独白アフタータッチ

ひねくれ者のひとりごと

【016】偽言 - 始まらなかった五月を綴じよう

 

 

うつわり-こと【偽言】
いつわりごと。うそ。虚言。
欽明紀「—必ず多に有らむ」

 ——『広辞苑(第6版)』(2008)岩波書店

 

~~~

 

 「エタる」という言葉を知った。
 形容詞 エターナル(永遠)から生まれた造語だそう。
 途中で放棄されたり、更新が途切れたり、とにかく完結しないまま音沙汰がなくなってしまうような状態を指すとかなんとか。

 

 作者が他界されて完結しなかった場合にも、言ったり言わなかったりするみたいだけど、どちらかと言えば、誹りの印象を受けた。

 

 ブログの下書きの書いて消してを繰り返すうちに、一ヶ月が経過してた。
 あれ……? エタってる?
 気が付けば五月が終わるところ。

 

 書いて、消して。書いて、消して。
 初めのうちは同じリズムだったから気が付かなかった。

 

 そのうち、書いて、消して。
 書い……消して。消して、消して、書……。

 

 消して、消して、消して、消して、
消して、消して、消して、消して、
消して、消して、消して、消して、
消して、消して、消して、消して、
消して、消して、消して、消して、
消して、消して、消して、消して、…………あれ?

 

 気が付けば消すものがありませんでした。
 こわい。

 

 あんまり覚えてないけど(もう消しちゃったから)、
ゴールデンウィークにツタヤで借りた映画の感想とか書いたような気がするし、
ゴールデンウィークがいつの間に終わったことに絶望するだけの駄文を綴っていたような気がする。

 

 変な話、別にいつも投稿しているものと大差ない筈だから、理屈の上では消す理由がない。
(というか、ブログ自体自由なもののはず……)

 

 そもそも大概ものぐさ野郎なので、折角書いたものをみすみす消すような真似はしない。

 

 でも消した。
 「なんか違うな~」って思って、ちまちま手直しするのも違うなって思って、いっそのこと消しちゃおう! って消した。

 

 で、消すならどこまでもやろうと思って、ポメラに入ってたもの全部消した。

 

 消している間は自分のことを好きでいられる錯覚があった。

 

 何かを消す——それは否定。

 

 リソースは己のひとりごと。

 

 その否定——それは自己否定。

 

 否定は気持ちがいい。なにか「やった気」になるから。実際には何もしていないのに。
 それも自分の否定となれば、何よりも気持ちがいい。後腐れなんかない。
 言いたい放題やりたい放題。

 

 でも。どこまでも虚無。
 霞を食うようで、霞すら食えていない。
 虚無で腹は満たされない。

 

 虚しさの反動が来た。
 反動——もとい、ペナルティ。

 

 甘美なる自己否定はおしまいに、気力まで持っていってしまった。
 なにを書く気にもなれなかった。
 空っぽになったポメラをみて、よりやる気が失せた。
 なんのためにブログなんてやっているのか分からなくなった。

 

 誰も見てないのに更新する意味あるのかな?
 そう思う理由なら分かってる。つまんねーから。
 そう思った瞬間、ゼロになった。

 

 自己否定は繰り返される。依存性がある。

 

 散々自分をごまかして、適当な理由をつけてかっこつけていた。

 

 とてもダサい。

 

 ブログなんかに手をつけた時点で、「何者」かになりたいという邪な願いを否定することはできないし、間違っても自分で自分を否定してはいけないのに。

 

 だから、「月に一回は更新するぞ!(多分)」と自分で決めたルールくらいは守りたい。
「そのくらいは守れるぜ」くらいの軽さで守っていきたい。

  

 どんなに間隔が空いたとしても、月一回戻ってこられるうちは大丈夫だということで一つお願いします。頑張ります。

 

 ……なんてね。

 

~~~

 

 

 

f:id:koyomipoke:20210531213043p:plainサムネ用