独白アフタータッチ

ひねくれ者のひとりごと

【番外編】めざせ日刊投稿 12日目

 

短い頻度で思っていることを起こしてきましたが、毎日言っていることがちょっとずつ違うんですよね。それが10回分。

 

僕はまだまだ自分探しの途中で、逆に言えば考え方の「核」みたいなものも強いぼかしがかかっていてよく分かりません。

 

深く考えずに打鍵しているだけの瞬間とかもう茶飯事なのでダブル・スタンダードが怖かったのですが、その心配はなくて安心しました。
ブレまくりはブレまくりなんだけれど、そこまで張り切って好き勝手言いまくっていないからそこまでブレてなかったです。

 

だからこそ違和感に気づいたのもまた必然なのか、はたまた偶然なのかは神のみぞ知ると言うか・・・。あ、また適当な事ばっかり言っていますね、よくないよくない。

 

朝起きてツイッターみてとりあえず適当に書き始めているので頭が回ってない感じがすごいんですが、とりあえず手を動かさないとエンジンがかかりませんし、書かないと文字は増えないのでとりあえず手を動かしています。

 

昨日のものに続かせるつもりだったんですけど、うまいこと繋がるところが見つけられなかったというか、やはりその日のその時間にしか書けないものってあるんだなと。

 

繋がるように終わっていないものをわざわざ掘り返すのって昨日の今日でも難しくて、今日の時点でもう既にそんな事を考えていた奴はいません。たった一日でもされど一日で、明日にはきっと今の僕はいません。

 

手を動かしていますが、半端なく眠くてこれ以上書けそうにないので一旦寝ます。

 

〜〜〜

 

2時間昼寝して、1時間公園を散歩して、お肉屋さんのコロッケを2つ買って帰ってきました。

 

外に出ると秋の風が吹いていて少し肌寒さを感じましたけれど、日差しが暖かかったからか、公園ではゴザを敷いて酒盛りしているグループもいくつかありました。
フェイスシールドやマスクをしていたので呑みづらそうだなと思いました。

 

そんなこんなで一通りリフレッシュできたのでコロッケを買って帰宅。お肉屋さんのコロッケってなんであんなに美味しいんですかね。
なんかこう、ひと口かじるとうま〜〜!!!ってなります。多幸感という言葉のルーツは間違いなくこれだと思う。

 

部活の帰り道に食べたら最高においしかったんだろうなとか、ジャン負けで3人分奢ったり奢られたりなんて最高に青春だよなとか想いが巡ります。まぁ僕は帰宅部だったし、その手の友達もいなかったんですけれど。(そもそも友達が少ないんだけど)

 

〜〜〜

 

お風呂に入り就寝準備を終えてパソコンを開いてさっきの続きを書く。ようやっと筆が乗ってきました、もう終わるつもりでいますけど。

 

今日はzoomでゼミの友人ともゼミの後少し会話を交わしましたし、キャラクターを一人考えましたし、お肉屋さんのコロッケも食べましたし、結構充実していた気がします。

 

パチッ。
部屋の電気を消す。
今日もなんだかんだいい日だったなと思いながら布団に横たわる。今宵の僕はここらでお暇させていただこうと思う。おやすみなさい。

 

〜〜〜

 

書くこと思い浮かばなかったので僕の過ごした1日をそのまま切り取りました。文章で書いてしまうと昼寝の2時間よりもコロッケを食べている時間の方が文字数を取ってしまいます。
現実で流れる時間と反比例する文字数。

 

特に気にしたこともなかったのですが、せっかくダラダラ書いていたしどうせならと思って、1行に流れる時間をなるべく均一にしようと図りました。結果として無駄の多い文章になった感が否めないですが・・・。番外編らしさがあっていいのではないですかね(適当)。

 

まぁ、メタい事を言えば不要極まりない後語りを書いているので、おやすみなさいどころか部屋の電気も消えていません。なんなら記事投稿に際して諸設定いじってますからね・・・。

 

f:id:koyomipoke:20200922021057p:plain

サムネ用