独白アフタータッチ

ひねくれ者のひとりごと

【番外編】めざせ日刊投稿 10日目

 

なんと!2桁日目に踏み入ることが出来ました。自分でも驚きました(は?)
いやせめて自分くらいは信じてやりなよと思うけれども、やはり自分がダメなのを一番分かっているのもまた自分であり。
中々、面倒なやつである。そう思った。

 

〜〜〜

 

僕は今までメモ帳に話のネタにできそうなものをストックしてきたのだけれど、ここまでの記事の下書きが18本、いろんなストックが6本くらい溜まった。

 

僕は際限なくお店を広げてしまうと、収集がつかなくなってめんどくさくなってしまうので、携帯に標準搭載されているメモ帳を使っています。でも、デフォルトのメモ帳はこんな戯言だけに使っている訳じゃない。

 

例えばシャンプーが切れかけている旨だとか、ソシャゲの引継ぎコードだとか、気になった映画のタイトルだとか、もっと有意義なメモがたくさんあるけど、だんだん埋もれてきました。

 

今まではストックを作るというアウトプットを、後から必要に応じて再インプットをして書こうとしていました。
けれど、メモに残さなくても頭の隅にずっと残っている噺もあれば、メモに残したけど腐った噺もあります。

 

僕は人を、自分を助けようと良かれと思ってストックを残していたけれど、役に立ったかと言えばあまり立ってはいなかったし。
結局腐ってしまう噺ってその程度というか。

 

めんどくさがりのルーツに優遊不断があって、なかなか踏ん切ることができなかったけど、ようやっとといった感じでいろいろ消すことができた。
はっきりと、いらないものとして、切り捨てた。

 

よく考えてみると僕は徒然なるままに、
心の趣くままに、
とりあえず文字を打ち出しています。
特にこの番外編はその傾向が顕著で、書く気が失せればそこでおしまい。みたいな感じでやっています。

 

本当にルールがないというか、ルールがないことがルールというか。
インプットは大切ですが、取り込み過ぎれば毒となって想像力を蝕んでいきます。

 

1から2が作れなくても、1をひたすら擦り倒して自分の中に無秩序を作ろうと思いました。

 

僕はそんなにやりたい放題やっていい身分ではないけれど、未だ何者でもない今だからこそできるヤンチャもあると、そう思いました。

 

ルールというか制限というか、そういったものの強制力は非常に強力ですが、無秩序のなんたるかや良し悪しを理解していなければ、ただの圧迫感だと思います。

 

デジタルネイティブの悪さと言いますか、言葉を調べるときには主に電子辞書を用いています。予測変換のように、該当単語に音が近いものがいくつか同じ画面に表示されますが、
まあほとんど見ません。

 

なんでも知ってるやつのセリフだし、
本当に言いたくないけれど、
分かるのは知ってることだけ
知る術を知りません。

 

そんな感じで同じような言い回しで、同じような制限で縛られた価値観ではいずれ形骸化してしまうと思うのです。

 

全てが後付け、口下手なりの口八丁、いつも通りに軽口で。丁度詰まってしまったので、
ここいらでお開きとさせていただこう。

 

〜〜〜

 

いろいろ試してみたいルールというのはたくさんありますが、実力不足なのは自分が一番わかっているので今は一歩ずつ、歩みを止めないことだけを考えています。
いつかそういったことに挑戦できる日が来ることに胸を踊らせています。

 

f:id:koyomipoke:20200914212350p:plain

サムネ用

【番外編】めざせ日刊投稿 9日目

 

9回目です。何日目というと“”になりつつありますね(なってる)

 

〜〜〜

 

インターネットとはなんぞや。

辞書であり、図録であり、
デパートであり、役所であり、メディアである。

 

勿論この解釈が浅いものだと理解しているけれど、便宜上これで。

 

家電の使い方や芸能人のゴシップ、粘菌の生態まで調べればなんでも出てきます。
そしてそれらの多くは、タダで享受することができます。

 

なのに、僕らはわざわざお金を払って本や雑誌を買います。

 

きっと僕らは、そうすることで信用や時間を買っているのだと思います。インターネットには、それはそれは夥しい数の情報があります。

 

でもその全てが信用に足るかと言われればそうでは無いし、欲しい情報が載っているとも限りません。

 

広大なインターネットでローラー作戦を採るのはいささか非効率です。それに、探している時間というのは、まだ何も始めていないのと同義です。だからこそ探す手間と探す時間を買うのだと思います。

 

質にしたって同じで、タダのものはあくまでもタダのものだと思います。
販売されているものには、やはり販売されているだけあるなと思わせる「何か」があると思います。

 

それは信用に足る総研のデータに基づいて作成されたグラフかもしれないし、誰が見ても完璧だと思うような優れたレイアウトのことかもしれません。

 

それに損失回避バイアスというか、せっかくお金払ったんだし料金分は読むぞ!技を盗むぞ!と思いますよね。

 

それでも積んでしまうことはあるでしょうから、そのときは周りで興味ありそうな人がいたら、本を貸すなり譲るなりしてあげてください。
僕は友達がいないのでつんでいますが・・・。
(二重の意味で“つんで”います)

 

無論タダでも良いものはたくさんありますが、タダだと思うと舐めてかかる傾向は多かれ少なかれ、誰にでもあります。
だから、あくまでもタダの良いものはサブ教材的に使うのがいいのではないかと思います。

 

一円でも安い物を探すけれど市場価格を大幅に下回るものは、それはそれで買い渋ってしまう。逆に公式のECサイトは高いが、全幅の信頼を寄せることができる。

 

他より高いけれど、公式という信用を買っています。

 

ああでもないこうでもないと、うだうだ時数稼ぎしてきましたが、これに尽きると思います。
せーの。息を吸い込んで。

 

「タダより高いものはない」

 

〜〜〜

 

僕はめんどくさがりで飽きっぽいので、一度で書き切らないと二度と書けません。
考えることは好きだけれど、その話で書けるか書けないかは書いてみなければ分かりませんし、なにより一度で書ききれるかどうかもまた、書いてみないと分かりません。

 

難儀というか、なんというか。

 

全部が全部納得のいく出来ではないし、何なら一つだって納得のいくものはありませんが、書くことは好きだなと毎回書き終えるたびに思います。
今はそれでいいかなと思います。

 

f:id:koyomipoke:20200913215815p:plain

サムネ用

【番外編】めざせ日刊投稿 8日目

明治神宮に行きました。
うまく言えませんが、とても特別な感じがしました。

明治神宮の本殿の写真
 

--------箋--------

 

僕はまだまだひよっこで、まだまだ練度も精度も低いけれど、一寸の虫にも五分の魂的なスタンスでここにいます。

 

「まだまだ未熟だから」と保身に走ることを悪く言うつもりは微塵もないし、場合によっては有効な手段だと思います。

 

けれど、ここは地域の文芸サークルではありません。インターネットです。すごい広角で言えば、最初から今の自分と比べ物にならないような人々と同じ土俵で相撲を取れるということになります。

 

そんな連中と同じ土俵で戦っている「つもり」でいるから保身に走っているような気もしますが、それは傲りというか誤りだと思います。

 

「さっき同じ土俵にいると言ってただろ、謀ったな!」みたいな怒りはどうか収めてほしい。
どうどう。

 

ありふれた話ですが、ナンバーワンもオンリーワンも作れます。どんどん範囲を狭めていけば、いつか「そう」なります。

 

つまり自分がナンバーワンになれる所までレンズを絞ってから自分の土俵で構えていればいい、そういうことです。

 

敵を知るにもまず己からというか、そんな遥か彼方の上位存在みたいな連中を意識する前に、自分の武器を見つけよう的な。

 

まあ詭弁と言われれば、そうですねとしか言えません。なんせ詭弁だし。
最初から同じ土俵に立って負けることを考えなくていいというのはインターネットの強みだと思います。

 

他人の人気に目をやる必要はありません。
自分とだけとことん向き合っていればそれでいいと思います。

 

良くも悪くも、自分の替えはいくらでも出てきます。初期ステータスやポテンシャルが自分のそれを軽く上回る人は無限に出てきます。

 

それに対して一喜一憂していたらそのうち辟易してしまうと思います。そんな僕はぶっちゃけてしまうと、他のはてなブログの記事を読まないようにしています。

 

僕はまだ他者とどうこう比べていい程、高いクオリティの物を提供できていないからです。
先程の話で言うのなら、まだ自分がナンバーワン・オンリーワンになれる所までレンズを絞っている途中です。道程です。

 

頑張れなんて無責任な言葉は、
自分にだって言わない方がいいと思うけれど、
ここはあえて。
便利な締めの常套句として言わされてやる。

 

頑張ろうな、僕。

 

--------箋--------

 

投稿した記事が何時間経とうと、依然として閲覧が0のままというのはままあります。
そして完成した直後の、
感情が「読んで!読んで!」一辺倒になっている状態は割とすぐ冷え込みます。

 

するとたまらず
「恥ずかしいから読まないでくれ!!!うわ〜〜〜〜〜」
といたたまれない感じになります。
伝わるのかな?伝わらないんだろうな・・・。
(なんで言った)

 

だからこそ読んでくださっている皆様には感謝しかありません。いつも五体投地潰れたカエルみたいになりながら感謝しています。
ありがとうございます。

 

f:id:koyomipoke:20200912003543p:plain

サムネ用

【番外編】めざせ日刊投稿 7日目

 

なんだか忙しない日が続いてまともに書けていません。日刊投稿が聞いて呆れるぜ、やれやれ。

日中は依然として冷房がなくてはやってられないくらい暑いですが夕方散歩に出ると、日が落ちたぬるい空気の奥に肌寒さを感じました。秋が来たぞ〜〜って感じがして、なんだか嬉しくなりました。

 

------キリトリ------

 

雨は好きですか?

 

強い雨が降る直前に
ごおっと吹く冷たい風が好き。
雨が降る前の湿った空気が好き。
しとしとと降る雨も好き。

 

雨で地面が捲られて
土の匂いで一杯になるのが好き。
傘に当たる雨音が好き。
春や秋の少し冷たい雨が好き。

 

とまあこれくらいにしておきますが、僕は好きです。

 

見知った道を歩いていてもどこか知らない場所を歩いているような、そんな非日常を感じます。傘の差し方が下手なのか、靴も鞄もグズグズに濡れてしまいますがそんなことが霞むくらいワクワクします。

 

僕のめんどくさがりを自分で考察する限り、荷物は増えるし濡れるし嫌がりそうな要素しかないのでとても不思議です。
雨の話おわり。

 

好きなくだものを聞かれたら僕はと答えます。ちなみに2番目はイカ(聞いてないw)。一番が柿って珍しくない?みたいな反応をされるのですが、別にいいじゃんね。

 

しっかり甘いのに食感は他の果物に比べてやや硬めなギャップがいいし、何よりスーパーに並んでいると秋を感じられていとをかし。
柿がメロンみたいな柔らかさだったら絶対嫌いだったと思います。

 

ちなみにスイカですが、台湾の夜市で飲んだスイカジュースがおいしすぎてずっと飲んでました。(心底どうでもいい)

 

------キリトリ------

 

起承転結で例えるなら〜〜みたいな言い方をするのであれば、まだ始まってすらねぇ感じになってしまいましたね・・・。

 

番外編は敬体(です・ます調)を意識して書いているのですが、未だ慣れないし蕁麻疹出そうです;;
常体(だ・である調)とどっちの方が良いんですかね。

 

主観だと書きやすいのは圧倒的に常体ですが、親しみやすさは圧倒的に敬体なので悩みどころです。

 

f:id:koyomipoke:20200910020340p:plain

サムネ用

【009】独白 - バイバイ、インターネットゴースト

散々日刊と言ってきて7日続かなかったらダサいぜと自分を追い込んでいたのに、まさか7日目をサボるとは・・・。と思わずにはいられませんが、
過ぎてしまったことは仕方ありません。覆水盆に返らずです。

 

本編も【007】が凍結しているし数字の7と相性が悪いのかね?

 

でもごめんなさい、【番外編】は今日もおやすみです。代わりと言ってはなんですが、今日は独白を一つ。

 

----kiritori----

 

インターネットの友人にツイッターをブロックされた。便宜上Aと呼称する。もう随分前から友人だと思っていたのは僕だけだったのかもしれない。

 

人との接し方に難があることを自覚している僕は、薄々そうなる事に気づいていながら気づかないフリをし続けた。今日がその日だっただけという気もする。

 

Aなりのけじめだろうか。「じゃあな」とでも言うように、いつかに貸したお金を返してくれた。


ショックもあるけれど、驚いてどうする気にもなれなかった。

 

リアルで共有する相手がいなくて、数年前に凍っていた「ニコニコ動画の誰々がどうだった」みたいな、そういう思い出を共有できる相手ができて嬉しかった。
僕はAにカムパネルラを見ようとしていた。

 

現実で一緒に遊ぼうが何をしようが、ネットの友人は結局ネットの友人でしかないことを再確認させられた。形のない物を掴もうとするように、初めからそこには誰もいなかった。

 

---以下、回想。---
前提としてまず、僕は友達が少ない。というか、友達どころか関わる人もほとんどいない。これはネットでもリアルでもそう。

 

人と関わることを避けてきたわけではないし、ことごとくダメだったけれど友達を作ろうと果敢にチャレンジしている時期もあった。

 

めんどくさがりだったけれど、同時に寂しがりでもあった僕はカムパネルラのような友人が欲しかった。

 

俗っぽい言い方をすれば僕は陰キャ側にカテゴリーされる人間だったし、
プレミアリーグとかセ・パ交流戦とかに興味をもてなかったし、
アニメやゲームなら少しはやっているし仲良くできるかもしれないと思って3人くらいのオタクのグループに入れてもらった。

 

オタクはやさしかったし、共通の話題もあったし、割とすぐ溶け込めた。
ポケモンGOがリリースされた翌日に一緒にポケモンGOをやりに行ったし、その帰りにカラオケも行った。

 

けれど次第に「果たしてこれらは友達だろうか」と思うようになり、その違和感が亀裂となってグループを離れるまでにそう時間はかからなかった。
これが高校1年の秋口くらいだったと思う。

 

そうしてまた一人になった。

 

僕はもともと怠惰なやつだったけれど、頑張った分の反動が来て、さらにやる気のない人間になった。
自分に原因があるのに「友達も面倒だからいなくても良いや」とか思っていた。人間強度は最高値を記録していた。

 

進級した。
こんな擦れた奴を気にかけてくれる殊勝なやつのおかげで、人との接し方が多少マシになった。何人かとは殊勝なやつの友達の友達のような立ち位置で話せるようになった。
そのうち友達の友達から友達になれた。

 

修学旅行の時に友達伝手に仲良くなった奴とは、なぜだか今も仲良くしている。
世間一般が言うところの親友とも言えるかもしれないと思わなくもないが、それを親友と呼んでしまうのは気恥ずかしいので悪友という事にする。

 

今も仲良くしてくれている人は少ないけれど、多ければ良いというものでもないのでとても感謝している。
よければこれからも仲良くしてくれと思う、恥ずかしいから直接言うことはないけれど。
---回想、終了。---

 

ブログをやってみたかったけど初めの一歩を踏み出せずにいた僕に、Aが「お前の文章読んでみたいわ」と言ってくれたのは本当に心強かったし、実際に読んでくれていたかは分からないけれど、「ここまで」の原動力になった。

 

お前に応援されて頑張れたんだから俺も何かを返したいと思っていたけれど、そもそも僕はAのことをほとんど知らなかった。
何も返せないまま、愛想を尽かされてしまった。


人との接し方に難があるから今の今まで気がつかなかったが、きっと過干渉だったんだなと気がついた。

 

僕がめんどくさがりなのはどこかで書いた通りだが、どうやら筋金入りらしい。
あんなに驚いたしあんなにショックだったのにここまで書いていたら、なんだかどうでも良くなってきた。

 

割り切りが良すぎて自分が悲しくなった。そりゃあ確かに僕は過程よりも阿と吽に重きを置くけれど、ここまで割り切れてしまうと初めからそんなものはいなかったような気までしてきた。

 

けれどすぐに理由が分かった。
「ぼく」は既に僕ではなく、表現者だからだ。
「おもしろい」なら書くべきだと脊髄が言っている。

 

この別れは「おもしろい」と判断したからだ。じゃあどうするか、書く他あるまい。実際書いた。

 

打ち切られた安い青春群像の香りがした。
気分は悪くない。

 

Aがこれを読むことがあるかは知らないし、そんなことは心底どうでも良い。ただ感謝はしておこうと思う。
僕はお前のおかげで自己表現の手段を得ることができた。そして今、僕はお前との思い出を塵も残さずに喰った。

 

今まで食べたものの中で一番美味しかった。
バイバイ、インターネットゴースト。

 

----kiritori----

 

僕はカムパネルラのことを「ただただ良いやつで一緒にいてくれるやつ」ではなくて親友の意味で使ったけれど、
銀河鉄道の夜』では別にジョバンニとカムパネルラは親友関係ではなかった気がする。それはもう、どうでもいいか。

 

f:id:koyomipoke:20200908170809p:plain

サムネ用

【番外編】めざせ日刊投稿 6日目

日刊投稿シリーズ6日目です。書くことが思い浮かばないのでずっとゲームをやっていました。最近はイカの熱があるのでスプラトゥーン2と、箸休め的に森をやっています。楽しいです。

ゲーム「集まれどうぶつの森」でキャラクターと一緒に虫取り網を構えている

森。

--------キリトリ--------

 

夕方公園に散歩に出ると、アブラゼミツクツクボウシの声が響く中に、控えめながらも「リン、リン」とスズムシの声が聞こえてきました。まだまだ暑いけれど、秋はそこまで来ているんだなと思いました(季節の境界がボヤけてきたような感じもしますが・・・)

 

このシリーズは番外編なので、内容以外の全てが楽です。

 

一つ目はブログのサムネイルです。サムネは予め作ったテンプレの数字を変えるだけで完成です。余白が少し物寂しい感じもするので時間に余裕のあるときは落書きしてました。

 

今日は日曜日のはずなのに、今回はなぜ落書きがないんだ?
妙だな・・・。

 

二つ目は記事のタイトルです。本編では、記事を一言で表すなら?という単語(あんまり捻れてないけど)タイトルを併せて考えています。

f:id:koyomipoke:20200906234937p:plain


 

僕はコピーみたいなのとかタイトルみたいなのとかを考えるのが苦手で、毎回ああでもないこうでもないと頭を悩ませています。

 

タイトルを考えるの難しいしサムネも考えるの難しいし、毎日動画上げているYouTuberってマジですごいんだなと思いました(こなみ)。

 

最近左ききのエレン』というマンガを読みました。主に広告業界の話なのですが、旬なマーケティング用語(ペルソナとかステマとか)も沢山出てくるので勉強になります。まだ少し早いような気もしますが、2020年読んだマンガで一番面白かったです。

 

エレンの影響もあって広告コピーやらロゴデザインやらの関心がかつてないほど高まっているので落ち着いたら本買って勉強してみようと思います。今はなにもかもが実力不足なので、いつかブログのロゴとかそういうの作りたいですね。

 

--------キリトリ--------

 

今日は本当に書くことがなくて、ツイート連投みたいな整合性のない記事になってしまいました、猛省。

 

僕のポリシーに反するので、あまり自分の創作物に対してネガティブなことを言わないようにしているのですが、今日のはゴミ寄りですね・・・。猛省。

 

f:id:koyomipoke:20200906234434p:plain

サムネ用

【番外編】めざせ日刊投稿 5日目

 

人の記憶は記録的要素と感情的要素によって構成されていて、このふたつがいい感じのバランスで混ざったものが思い出なのかなぁとかそんなことを考えていました。
いつか記憶の摘出とか記憶の割込みとかもできるようになるんですかね。

 

--------取--------

 

夜。
部屋の電気を消して、スポティファイでおすすめに出た曲を適当にシャッフルして聴きながら、目を閉じて床に転がっているだけの時間が好きだ。
昔はウォークマンだったけれど、今はスマホに変わった。

 

目をつぶり、物のようにただ転がっているだけ。そうしていろいろとグルグルと考えます。ツタヤのカード期限切れる前に更新しなきゃとか、ミスドのドーナツ食べたいなとか、諸々。

 

とりあえずひっかかったことはメモします。
「あ〜これ今メモに残さないと朝起きたら忘れてるんだよな〜でもな〜眠いしめんどいよな〜」と葛藤しながら書き残しています。
半分夢心地でいるので書かないときれいさっぱり忘れます。

 

たまに明らかに途中までしか残ってないのもあって自分でも思い出せない時があります。
これはその一例。

過去のメモ帳に「憧憬をショーケースに陳列」とダジャレが書いてあった。 2020年「だからなに大賞」ノミネートできそう(そんなのないけど)。

 

やんや言ってますが、ここから連想ゲームみたいに探り探り書いていくのはとても楽しいので、これはこれで好きです。

 

ただ書き忘れて思い出せなかったときは違います。朝起きるとなにか面白いことを思いついていたはずなのに、安い多幸感だけが胸に残っていて、モヤモヤと不安な気持ちになります。

 

またなにかを忘れてしまったのか?またなにも思い出せないのか?といった具合に、楽しい感覚が残っているほど、不安な気持ちになります。

 

だから僕は、僕を忘れない為に書く。
だから僕は、僕を繋ぎ止める為に書く。
だから僕は、僕を見失わない為に書く。

 

昨日はすごい面白かったけど、翌朝メモを見たらゴミだったみたいな事は日常茶飯事です。でも覚えていられたことに意味があります。
「ゴミだな〜w」と嘲られることがなにより嬉しいからです。

 

「ほんとうのさいわい」がなにかは分かりません。ただひとつ言えるのは、たまには足元も気にして歩こうということです。
ただの小石と侮って思わぬ大怪我をするかもしれないし、お気に入りのスニーカーが泥水で汚れるかもしれません。

 

転んだ時にしか見えない景色や知りえない感情は確かにあります。けれど、決して良いものとは言えません。後学のために一度転べばそれで十分だと思います。

 

朝。
携帯のアラームの音が聞こえる。
背中の痛みでそのまま寝落ちしたことに気がつく。メモ帳には謎の箇条書きが残っていた。
とりあえず残しておくことにした。
ゴミというには惜しい気がした。

 

--------取--------

 

どこまでが現実でどこからが夢なのか分からない感じになってしまいました。ところどころ香ばしいし。ただ僕が忘れっぽいのはマジです。どこか抜けていると言えばかわいいですが、既に中くらいのミスをしている(恥ずかしいので墓まで持っていこうと思っている)ので全然かわいくないです。

 

以前なんかの本で読んだのですが、人の脳は結果と目標の区別をつけるのが苦手らしいです。成績爆上げするぞ!とか、20キロ痩せるぞ!みたいな目標を強く庶幾すると脳が「達成した気になる」ので、かえって始める前より悪化するとかなんとか。

 

サムネ用